かなめ技術開発は社会の防災・減災に貢献することを目指します

「長周期地震動の予測情報に関する実証実験報告会」での発表について

 令和3年3月1日に気象庁で開催される「長周期地震動の予測情報に関する実証実験報告会」で弊社の実証実験の取り組みを発表します。
Web上での傍聴が可能となっています。 →気象庁報道発表

PHN-R出力対応緊急地震速報割込放送システムの開発について

 現在、(株)パトライト ネットワーク型リレー出力器PHN-Rを用いてラジオ割込放送を行うシステムの開発を行っております。
気象庁から受信した緊急地震速報電文を解析し、対象地域(複数指定可)に地震動警報が発表されかつ設定震度以上が予想される場合には、PHN-Rを通じてラジオ割込放送を行います。
弊社「ラジオ放送局向け緊急地震速報放送システム」ほど高機能ではありませんが、シンプルに固定メッセージの割込放送を行うには十分な機能となっております。
ご興味をお持ちの方には仕様書をお送りいたしますので、こちらのアドレスへお問い合わせください。

長周期地震動の予報許可取得について

 令和2年9月29日に地震動(長周期地震動階級等)の予報許可を取得いたしました(変更認可第190-2号)。従来の震度の予報に加えて、長周期地震動階級など長周期地震動に関する予報のサービスを受けられます。ご希望の方はお問い合わせください。

PLUM法による地震動予報について

 平成30年8月7日に地震動(波面伝播非減衰震度)の予報許可を取得いたしました(変更認可第190-1号)。従来の距離減衰式による地震動予報に加えて、リアルタイム震度電文を受信することで、PLUM法による地震動予報のサービスを受けられます。PLUM法を使った地震動予報を行うにはリアルタイム震度電文を受信することが必要です。PLUM法を使った地震動予報をご希望のユーザ様は担当までお問い合わせください。

トピックス

2021/02/24
2021/02/24
2020/11/18
2020/09/29