HOME >> 緊急地震速報 >> 導入までの流れ

導入までの流れ

導入分野

人への伝達


  • 学校・オフィスなどで生徒・従業員の安全を確保します。
  • 商業施設でお客様の安全を確保します。
  • 自治体・消防などで発災前に初動体制を確立します。発災後の初動体制確立のトリガとしても使えます。

自動制御


  • 化学プラントにおける自動遮断により、危険物の外部漏洩を防ぎ、二次災害を防ぎます。
  • 工場において事前にラインを止めることで、揺れによる被害を軽減します。
  • エレベータを揺れが来る前に止めることで、閉じ込め事故を減らします。

導入までの流れ


かなめ技術開発では、導入分野ごとに有効な活用方法をご提案し、導入内容の検討からシステム構築、受信環境の整備、訓練を含む実運用まで総合的にサポートします。

受信可能な配信事業者

一次配信事業者

二次配信事業者(五十音順)

緊急地震速報ビジネスをご検討の法人さまへ

緊急地震速報を使った新しいサービスをご検討されている法人さまへ 豊富な経験・実績をもとに技術支援・受託開発も行っております。 ぜひお問合せください。